【新発売】



アニメで見た空と雲のある風景の描き方 著:Bamboo

2013年4月29日初版発行

全143ページ:B5版の縦少し小さめ
横182mm×縦232mm

目次(原文引用)
2-はじめに

GALLERY
4-もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
6-東のエデン 東のエデン劇場版T・U
10-ギルティクラウン

Introduction
制作環境と基礎知識
18-デジタルで描くときの道具
19-画像サイズと解像度
20-COLUMN 01 手描きの道具
21-COLUMN 02 アニメーションに関わる人の役割
22-COLUMN 03アニメーション制作の流れ

Chapter1
基本パーツの描き方
24-グラデーションを描く
26-立方体を描く
31-球体を描く
32-円柱を描く
33-光源を移動させてみよう
34-雲と空を描く

Chapter2
自然の描き方
40-岩を描く
44-木を描く
48-木や川のある風景を描く
52-南国の青い海と積乱雲を描く
58-COLUMN 04 光源で変わる色の見え方

Chapter3
一日の時間による変化を描く
60-爽やかな朝焼け、横から差し込む朝日
64-ドラマチックな夕焼け、逆光と沈む夕日
68-夜の海、月明かりに照らされる雲、映り込む月光
72-COLUMN 05 雲の種類と名称

Chapter4
四季の移り変わりを描く
74-土手に咲く桜と菜の花
78-夏雲と田んぼ
82-秋雲とススキ
86-冬の曇天と雪山
92-COLUMN 06 資料1いろいろな青空

Chapter5
いろいろな種類の空を描く
94-飛行機から見た雲海と、沸き立つ積乱雲
98-雲間から差し込む光、照らされる水田
102-夜空を縦断して輝く天の川
106-幻想的なオーロラのカーテン
110-COLUMN 07 資料2いろいろな夕焼け

Chapter6
都市や街並みを描く
112-質感を描き分ける
114-古民家のある風景
120-横浜ランドマークタワーから見た景色

Chapter7
アニメーションにおける背景の役割
126-登場人物の心情に合わせて背景を描き分ける
『君に届け』を例に
134-時間軸の変化に合わせて背景を描き分ける
『精霊の守り人』を例に





▽解説、レビュー
アニメ背景専門会社で有名な株式会社Banbooが出した待望の一冊。
もしドラの表紙を飾った背景の青空があまりにも美しかった為、出版社側から依頼があって作成に至ったらしい。

さて、まずはこれが画集ではないことを一言伝えておく。
描き方の教本としてがメイン、ただ、描き方というより見せ方だろうか、形、色のつなげ方、PhotoshopとPainterの使い分けが主。
価格が2000円+税というオールカラーにしては安い上、画集ではないと言いながら大変勉強になる背景が多数掲載されている。
表紙の9つは当然ながらそれとは別に岩、木など一つ一つ基礎的な形をモチーフにした描き方説明、時間帯の変化、四季変化とこれ一冊で相当量の授業を受けた価値が感じられるだろうボリュームのある掲載で背景がどう描かれているかを説明した教本となっている。
これから絵を学ぶ人よりはデッサンやカラー、絵の具といった基礎をやってこられた方が「デジタルではどう描いているのか」を知りたいときに役立つプロ志向。
とはいえ、背景を見てるだけでうっとりする絶品。
さらにお得感を味わえるのが、業界に入ったときおこなう新人教育用の練習課題と描き方が立方体、円筒、球体、影の付け方で紹介されている。
これから絵を学ぼうとしている人には幾何形態、それも立方体がどれだけ大切かをすぐにでも感じれるのではないだろうか。
内容の濃さは目次を見てもらえれば一目瞭然だろう。
あまりに素晴らしい本だったため、なんども読み返した上模写をして勉強に役立てている。